自動車のモデルチェンジとは?

 

自動車のモデルチェンジとは、自動車がそのペットネームを保ったまま、新型に移行するというものです。

 

ちなみにペットネームとは愛称のことで、型番などとは違った、多くの人にそう呼称されている名前のことです。

 

ちなみに自動車のモデルチェンジには、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります。

 

フルモデルチェンジとは文字通りの意味で、現行型から次期型へと、完全に新しくなるモデルチェンジのことです。

 

これ自体は数年に一度くらいの間隔で行われるもので、日本では4〜6年サイクル、海外では7〜8年サイクルで行われる場合がほとんどです。

 

生産計画によっては、短期間でフルモデルチェンジが行われることもあります。

 

新型が出たという時は、フルモデルチェンジのことだと思っていると、わかりやすいですね。

 

マイナーモデルチェンジは、フルモデルチェンジが行われるまでの間に行われる、小規模な仕様変更のことです。

 

一見すると変わっていないように見えていても、実は細かな部分で変更されているというものです。

 

外観だけが変更されるものや、内部機構に手が加えられるというものもあり、さまざまなマイナーモデルチェンジが行われています。

 

自動車のモデルチェンジが行われると、自動車の価格相場に大きな影響が出ます。

 

自動車のモデルチェンジが行われる直前に買ってしまうともったいないと感じられますし、その情報を知っていれば得をすることもできます。

 

このタイミングを逃してしまったばかりに、もったいないことをしたと後悔することもあるので、しっかりと情報を集めることをおすすめします。